RESEARCH & DEVELOPMENT研究開発

WELLNESS SCIENCEウェルネスサイエンス

“最も優れた製品を生み出す“ このシンプルな結果を導き出すために複合的なグローバルパートナーシップを構築。
ひとつのブランドを生み出すために、 医学薬学の研究者・研究機関・バイオテクノロジー企業などと連携し、科学的定量データに基づく製品開発を行っています。

RESEARCH HISTORY研究沿革

  • 2021年4月

    昭和大学とカンナビノイドを用いた
    共同研究および事業化に向けた
    包括連携を開始

  • 2021年4月

    東京大学と間葉系幹細胞培養上清液を
    用いた共同研究を開始

JOINT RESEARCH共同研究

発掘した新素材・新技術の安全性、有効性を解明するため、大学など外部機関との共同研究を実施。
基礎研究、臨床、製品開発、実証、知的財産創出、
事業化とイノベーションが絶えず生み出される好循環の連携を目指します。
各共同研究はプレミア・ウェルネスサイエンスの重点取組として明確に位置づけ、
知的財産の効果的な取得・権利化・事業活用を視野に一連の取組をマネジメントし、適切な評価を行います。

  • 東京大学

    • 研究
      課目

      間葉系幹細胞培養上清液
      の特性・安全性・有用性の解明

    • 研究
      目的

      間葉系幹細胞培養上清液の安全性・有用性を解明し、それらを用いた製品実用化を行う

    • 研究
      代表者

      医学部附属病院
      星和人 教授

    公式HP
  • 昭和大学

    • 研究
      課目

      カンナビノイドを用いた共同研究および事業化に向けた包括連携協定

    • 研究
      目的

      カンナビノイドを安全性・有用性を解明し、知的財産の効果的な取得・権利化・事業活用を行う

    • 研究
      代表者

      薬学部 基礎医療薬学講座
      薬物動態学部門
      佐藤 均 教授

    公式HP

RESEARCH RESULT研究成果

研究成果の効果的な社会還元を図るため、共同研究による成果を原則として公表いたします。
但し、事前にその内容、公表時期、開示方法等について相手方と協議し、承諾を得て行うこととします。

研究成果の取扱いについて

  • 大学との共同研究

    公表時期:研究期間終了後の結果解析とその
    解釈レポートの査読を経た段階
    開示方法:大学およびプレミア・ウェルネスサイエンスのWebサイト
    学会発表:発表内容と関係が深いと思われる学会にて発表

  • バイオテクノロジー企業 などとの共同研究

    公表時期:研究期間終了後の結果解析とその
    解釈レポートの査読を経た段階
    開示方法:相手方およびプレミア・ウェルネスサイエンスのWebサイト
    学会発表:発表内容と関係が深いと思われる学会にて発表

MEDICAL & SCIENTIFIC ADVISORY BOARD医療科学技術諮問委員会

グローバル・メガトレンドの一つに、医療・健康分野のサービスやケアの在り方が変容してきました。
本委員会メンバーは、プレミア・ウェルネスサイエンスへ、
シーズの発掘・質の高い臨床研究のための体制構築に関して、医学観点の提言を行います。
本委員会メンバーから得られたシーズに関する情報と、プレミア・ウェルネスサイエンスのリサーチ情報を統合し、
社会貢献性を評価の上、実用化に向けた適切な研究スキームの探索、有識者ネットワークの構築などを行います。

  • 佐藤 均 教授

    昭和大学薬学部

    佐藤 均 教授

  • 星 和人 教授

    東京大学医学部附属病院

    口腔顎顔面外科・矯正歯科

    星 和人 教授

※本委員会メンバーは、研究シーズに関する情報提供、研究体制構築に関する提言が主たる役割となります。

※プレミア・ウェルネスサイエンスは、本委員会メンバーから得られた情報と、自社で獲得した情報を統合し、社会貢献性や事業性などの評価ガイドラインに基づき、研究開発の意思決定を行います。

  • TOP
  • 研究開発

CONTACT US

報道取材、共同技術開発、共同研究、新規取引などに
関してはお問い合わせフォームよりお願いいたします。